森永乳業グループ株式会社デイリーフーズ

BUSINESS物流

森永乳業の厳しい温度帯基準をクリアした、高度な保管・配送システムと、長い経験で培ってきたノウハウを活用し、クオリティの高い食品物流サービスを提供しています。

全国「三温度帯物流システム」対応

同一トラック内に、冷凍品・冷蔵品・常温品という温度差のある商品を区分けして、同時に配送するシステムです。
森永乳業製品などの厳しい配送業務で培ってきた、高品質なマルチ温度帯対応の技術を全国規模で提供し、共同配送・一元物流により効率よく配送ができます。

三温度帯物流システムの物流イメージ

配送支援システム

精度の高いジャストインタイムの配送を実現するため、膨大な地域別・時間帯別速度データを活用し、輸配送ルートを自動的に生成するシステムです。
順法速度による走行可能時間を割り出し、最適ルートを決定できるため、安全性を高め省エネルギー化にも対応できます。

配送支援システムの生成イメージ

トレーサビリティシステム

食の安心・安全を守る事は、食品流通の必須課題です。そのために各工程ごとに定められた手順に従ってチェックと記録を行い、有事の際に食品の流通経路の追跡・遡及を可能とする仕組みがかかせません。全国の物流拠点では「賞味期限ごとの商品の動き」を入庫から保管・出庫までトレーサビリティシステムによって管理しています。多品種化が進む近年、小口から大口数量まで的確な在庫管理に基づいて商品をお届けし、必要に応じて物流履歴の照会が可能なシステムを確立しています。

トレーサビリティシステムの管理イメージ

pagetop