森永乳業グループ株式会社デイリーフーズ

COMPANY代表者ごあいさつ

社員が前向きに活き活きと、お客様に感謝の気持ちを持って健康で幸せな生活に貢献し、豊かな社会を創造して参ります。 株式会社デイリーフーズ 代表取締役社長 登阪 仁彦

株式会社デイリーフーズ 代表取締役社長 登阪 仁彦

デイリーフーズは、お客様と地域毎に密着したコミュニケーションを図り、牛乳・ヨーグルト・生クリーム・チーズや製菓・外食食材といった乳の優れた能力を最大限に活用し、「美味しさ」と「健康」そして「新たなライフスタイルの創出」により豊かな社会づくりに貢献します。
また、全国に跨る低温帯を中心とした物流網・ITシステムを進化させ、価値やサービスを提供し「安全な運行」と「安心にお届け」を追い続ける事を責務として、明日のお客様の「健やかな食生活」を提供し続けていく。これが、私たちの使命です。

当社の行動指針は「明るく・楽しく・前向きに」を掲げています。
激変する社会情勢・環境・経済・流通・IT化や原材料状況を予測し、価値訴求を積極的に推し進め、それぞれの地域の繁栄に貢献し、お客様にとってなくてはならない企業となる為、心身ともに健康に活き活きと働け、キャリアアップや挑戦の場で能力が発揮できる風土をつくり、お客様や社会から信頼される企業を目指して参ります。

乳の可能性は社会をかえる力があります。
これからも常にお客様に感謝の気持ちを持って、変化するニーズ・ウォンツを学び続け、美味しさや健康に役立ち、お客様の「かがやく“笑顔”のために」社員一丸となって、弛まぬ精進をかさねていく所存です。
今後とも皆様の変わらぬご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

株式会社デイリーフーズ
代表取締役社長 登阪 仁彦

経営への思い

  1. 1. 知識を深め、知恵で処理し、真剣な反省と創意工夫からお客様に最高の品質ある商品とサービスを提供し、お客さまに寄り添いビジネスに貢献できる集団をつくる。
  2. 2. お客様本位の視点から発想し、新しい価値を生み出せるよう「挑戦」が継続できる組織を運営する。
  3. 3. 常に夢を語り合い5年先を志向し一歩を踏み出す。「今、思考し行動しないと先は何も動かない」という意識の醸成を図る。
  4. 4. デイリーフーズに誇りをもち、森永乳業商品に愛着をもつ、そしてデイリーフーズ社員として行動・言動に責任を持つ風土づくりを構築する。
  5. 5. 社員相互の人心掌握、心身ともに健康で、世代毎に教え合い・助け合える組織づくりの推進。
  6. 6. ステークホルダーや社員への適切な還元と、各地域への積極的な社会貢献を継続するための健全な事業利益を獲得する。地域毎に愛され尊敬され持続的成長する企業にさせる。
  7. 7. 「和」と「容」の組織づくり
    「和」組織として相手を大切に、相互の人心掌握のうえで協力し協働する
    「容」組織として形成をとり、仲間を尊敬し、それぞれの立場を尊重する

pagetop